オンラインショッピング
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2020年04月 次月>>
最新記事
最新コメント
トラックバック
カテゴリー
過去記事
リンク
その他
関西消費者協会
関西消費者協会


2014年6月号 消費者情報No.452


社会保障制度と私たちの暮らし 

巻頭インタビュー
佛教大学教授  里見賢治さん
「社会保障と税の一体改革」は暮らしの礎になるのか  編集部

特 集
日本の社会保障制度 仕組みと展望  佛教大学教授 里見賢治

社会保障と税の一体改革」のポイント 『政府広報』から  編集部

医療・介護のサービスが低下する!? 改革の中身  医療ジャーナリスト 渡辺勉

これからのセカンドライフを考える 増税と年金制度  消費生活アドバイザー 中村典子

セーフティネットのゆくえ
生活保護「改革」によって市民生活は守られるか
  花園大学教授 吉永純

「子ども・子育て支援新制度」の内容と課題  京都華頂大学教授 藤井伸生


シリーズ
がんばれ! 消費者委員会  消費者委員会
くらしあんぐる 2014 「女性目線の商品開発」  中日新聞生活部 福澤英里
ADR機関を活用しよう !  総合紛争解決センター
現場からの情報 【相 談】 学生を勧誘する連鎖販売
現場からの情報 【テスト】 刈払機(草刈機)の使い方に注意
団体訴権への展開   京都消費者契約ネットワーク 
レッツ・スタディ消費者力アップ !  「ミニテスト de 腕だめし編」 編集部
判例に学ぶ   「NHK受信料請求をめぐる2つの東京高裁判決について」  弁護士 辰巳 裕規   
Consumer's Eye  編集部
ネット漂流 「『ツイキャス』はプライバシーをさらけだす」 篠原嘉一
Information ―インフォメーション―
Communication ―コミュニケーション―


2014年6月1日発売

次号予告
452号(2014年7月)は「消費者法ファイル2014  もっと知ろうよ !『消費者基本計画』(仮)」です。
※6月1日発売予定

編集室から
♠少子高齢化という言葉は、社会に浸透した感があり、何とかしなければいけないと思う人は多い
のではないだろうか。次の世代へ安定した社会保障制度を引き継ぐためには、正しく現状を知り、
有効に運用していくことが必要だろう。 (清水)
♦「たいした贅沢もしていないのに、家はボロいし貯金もない。何にお金使ったの」と子どもに尋
ねられ「子どもを持ったのが一番の贅沢なの!」と叫んでしまった私。それ以来、子どもからお金の
ことで質問されることはありません。 (西尾)
♣「この国に生まれてきてよかった」。そんな思いを経験されたことはありますか。日本の自然や
文化にふれ、そう感じられた人は少なからずいるでしょうね。しかし、肝心の実生活ではどうでしょ
うか。“この国” のあり方が、社会保障をはじめ今ほど問われている時代はありません。 (原田)



| 雑誌版記事ダイジェスト | 02:54 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://kanshokyo.jp/blogn/tb.php?231
PAGE TOP ↑

<<次の記事 前の記事>>