オンラインショッピング
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
最新記事
最新コメント
トラックバック
カテゴリー
過去記事
リンク
その他
関西消費者協会
関西消費者協会

今年の一文字
NEWアイコン

 しこたま酔っての帰り道。地下鉄車内でご同様のサラリーマン風の数人が「年末に、どこぞの寺で”今年の字”とか書いとったなあ」「あ~ああ、あれな。去年はたしか”偽”やったなあ」などと話している。それを聞いた途端に、酔ってグルグル回っている目だけではなく、頭もグルグル回り始めた。
 実は昨年の”偽”を予想し、みごと的中させたのである。これが有馬記念だったら、いまごろ仕事をしていなかったかもしれない。つまらぬ妄想はさておき、今年の一文字も的中させたいとの気持ちが働いた。回る頭で考える。金融不安、政情不安、振り込め詐欺やら無差別殺人、阪神タイガースの歴史的逆転負け。なにひとつ明るい材料がないではないか。2年続けて「暗いテーマの文字」になってしまうのか。いやいや僧侶が書くのだから、今年ぐらいは平民に希望を与える文字を選ぶに違いない。競馬予想並に、まことにばかばかしいことを考えている。

 ふと頭を上げると、車窓のガラスに墨痕鮮やかに「銭」の一文字が…。就活の広告で、下に小さく「お金のために、だけではない」とある。話の脈絡はないが(酔っているのでスミマセン)、初代・桂春団治は女房の小春に「酒や!酒や!酒もってこい!」と怒鳴ったそうな。記者は「銭や!銭や!銭もってこい!」と、怒鳴りたい心境だ。

 今年の一文字が「銭」では情けないのテンコ盛り。脱線しそうな思考経路を修正し、電車をグルグル回しながら考えた(目が回っているので仕方ない)。その結論…

◎「変」
○「輪」
▲「痛」
△「歩」
 
 以上の4点予想にした。当たるかなあ?
(和泉次郎)

| 編集部内輪話 | 03:22 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://kanshokyo.jp/blogn/tb.php?150
PAGE TOP ↑

<<次の記事 前の記事>>