オンラインショッピング
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<前月 2017年02月 次月>>
最新記事
最新コメント
トラックバック
カテゴリー
過去記事
リンク
その他
関西消費者協会
関西消費者協会

3年間お世話になった「関西消費者協会」を去ることになりました。
この間、もっとも印象深かったのは「消費者情報」の特集「多重債務」でした。単純な「借金問題」ではない奥深さを痛感させられました。なかでも2つの取材の生々しさが脳裏に焼き付いています。

ひとつは生田武志さん、ありむら潜さんと歩いた釜ヶ崎(大阪市西成区 あいりん地区)。それまで一度も足を踏み入れなかったわけではありません。天王寺・新世界・天下茶屋などは若いうちからほっつき歩いていましたし、なんども騒動・騒乱を目撃もしていました。ところが「多重債務・貧困」などをテーマにして、「仕事の目」をもって訪れると、それまでの視座が飛んでしまい、現代社会の醜悪な本質が背中に乗りかかってくるような感覚をもったのです。

記者自身、釜ヶ崎に住んでいても不思議ではない人生を経験してきました。幸運にも手をさしのべてくる人たちがいて、ここまで生きてこられたのです。釜ヶ崎にも多くの支援団体やボランティア、行政からも手がさしのべられているのですが、それでも何かが違うのです。ひとことで言い表せる言葉はみつかりません。もっと多くのものを見、もっと大勢の生の声を聞く必要があるでしょう。ことあるごとに数多くのメディアが釜ヶ崎の状況を伝え、そして事実と本質を伝えきれずに撤退していきました。今後も同じことが繰り返されるでしょう。

残るひとつはJR大和路線(関西線)「八尾・安中踏切」で起きた老人3人の飛び込み自殺現場を訪れたことです。事件発生から丸3年経ったお盆の午後3時ごろから6時前まで、亡くなった3人の残像を追いかけました。プロカメラマンである〈夷三郎〉子との同行取材です。現場には小さな古びた数珠と、数日前に捧げられたと思われる萎れかけの仏花がありました。交通事故現場にあるような、ある意味ありふれた光景です。老人3人は夫婦とその兄でした。生活費としてヤミ金から1万5千円を借り、その返済が滞ったため執拗な催促を受けていました。追いつめられた3人は夜半、自宅から3㎞近く歩いて現場までやってきたといいます。午前0時すぎ安中踏切を通過した最終電車が3人の命を奪っていきました。
どんなに過去の事実であっても、それを知った上で現場を訪れると、わずかながらに残された痕跡が当時を想起させます。周囲の日常と3年前の惨状がオーバーラップして、亡くなった3人の想念が漂っているように感じられました。踏切の上を飛んでいたアカトンボと、うなだれたようなヒマワリの花が今でもまざまざと目に浮かんできます。

2つの印象的な取材テーマは、心に深く刻み込まれました。ライフワークになるかどうかは別にして、どのようなときでも忘れてはいけないと思っています。底流にある社会の本質に食いついていく覚悟も必要でしょう。
最後に、取材活動を通じてたくさんの人に出会うことができました。取材後もいろんなかたちでご協力いただいた人もいらっしゃいます。それぞれの人たちからいただいたメッセージを、これからの仕事や人生に生かしていけたらいいなと思っています。さて、新たにどんな人たちと出会えることでしょうか。
(和泉次郎)


| 編集部内輪話 | 09:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
先日のブログ「間に合った!」について、ブログを見た方から「どうして4ページの穴をあけずにすんだのか。原稿が間に合った理由が書かれていないので消化不良をおこしそう」というメールをいただきました。ご指摘ありがとうございます。

12月号については、遅筆の執筆者に加え、発行日の関係で、公表できない内容の原稿があることがわかり、このままでは4ページも穴があくと、あわてたのです。
詳しく説明すると、個人が特定される可能性があるため、ここでは、通常の「間に合った」ケースについて説明しましょう。
簡単にいうと、2つのケースがあります。

1つは原稿を依頼している執筆者に、何度も原稿を催促するメールを送り、電話をかけ続けて重い腰を上げてもらい、原稿を書いてもらうケースです。執筆者本人と電話で話せる場合は「まだ入稿していないのは、センセイの原稿だけです。このままでは白紙で印刷することになります。そんなことできません。なんとかしてください」とひたすら低姿勢でお願いします。

しかし実際は、執筆者本人とは直接話せないことのほうが多いのです。そんなときは電話に出た秘書・事務局・家族の方々に「センセイの原稿がないと情報誌が発行できないのです」と苦しい胸の内を訴えます。日ごろから執筆者の行動を熟知している方々ですから、編集担当の苦しみを分かってくださり、これらの方々の叱咤激励(?)のおかげで、なんとか「間に合い」ます。

もう1つは・・・自分で書くこと、それしかありません。
企画を含め、元はといえば、自分でまいたタネです。
自分で責任をとって「間に合わせる」しかないのです。
編集担当なら、だれでもやっている仕事なのです。

2つのケースとも当たり前すぎて「なんだぁ、そんなことか」と思われるかもしれません。
でも、こんな小さな積み重ねで、毎号、穴をあけずに、なんとか発行できているのです。

なにはともあれ、12月号も、無事、発行できる目途がついて、よかったぁ! (A.K)



| 編集部内輪話 | 10:07 AM | comments (0) | trackback (0) |
NEWアイコン
 テレビ・新聞・チラシなどの広告を見ていると、いわゆる”ブランド企業”が影をひそめ、新興勢力の台頭が目をひく。情報通信、娯楽産業、外資系企業、通信販売などが大手を振ってまかり通っている。

 記者は地下鉄通勤で、毎日車内広告をウオッチングしているが、ここにも様変わりが見られる。雑誌やデパートのの吊り広告、各種専門学校や飲食関係、旅行関係は従来とそれほど変化はない。最近の傾向はサラ金が激減し、代わって急増したのが「多重債務整理」を謳う「法務事務所」「司法書士事務所」の広告と、貴金属のの売買、自己啓発などの怪しげな広告だ。広告だけからでも世相が透けてみえる。

 なかでも”怪しげ度”№1だったのが写真の書籍の広告。思わず「これはアカンやろ」と言う文面が踊っている。景品表示法に引っかかるに違いない。広告そのものもひどいが、こんな広告を通勤・通学途中の地下鉄という、公共交通機関に掲載する大阪市もなっていない。掲載無料の公共広告には厳しい基準を押しつける一方、赤字解消のための企業広告の基準はユルいようだ。大阪市交通局の職員も、公正取引委員会の職員も利用する地下鉄のこと、早晩、排除されるに違いないと期待はしている。

 それにしても、情報の読解力を養っておかないと、目先の甘いコピ゜ーに騙されて痛い目にあうのは消費者だ。騙されてもこの広告を掲載したメディアや、交通機関が賠償責任を負ってくれるわけではない。良心的に作られている『消費者情報』の記者は、ほんの少しのやっかみを感じつつ、今日もケータイ・カメラを鷲づかみにし、盗撮犯とまちがえられるリスクを背負って、車内で怪しげに動き回っているのであった。
(和泉次郎)

| 編集部内輪話 | 10:32 AM | comments (0) | trackback (0) |
今年の一文字
NEWアイコン

 しこたま酔っての帰り道。地下鉄車内でご同様のサラリーマン風の数人が「年末に、どこぞの寺で”今年の字”とか書いとったなあ」「あ~ああ、あれな。去年はたしか”偽”やったなあ」などと話している。それを聞いた途端に、酔ってグルグル回っている目だけではなく、頭もグルグル回り始めた。
 実は昨年の”偽”を予想し、みごと的中させたのである。これが有馬記念だったら、いまごろ仕事をしていなかったかもしれない。つまらぬ妄想はさておき、今年の一文字も的中させたいとの気持ちが働いた。回る頭で考える。金融不安、政情不安、振り込め詐欺やら無差別殺人、阪神タイガースの歴史的逆転負け。なにひとつ明るい材料がないではないか。2年続けて「暗いテーマの文字」になってしまうのか。いやいや僧侶が書くのだから、今年ぐらいは平民に希望を与える文字を選ぶに違いない。競馬予想並に、まことにばかばかしいことを考えている。

 ふと頭を上げると、車窓のガラスに墨痕鮮やかに「銭」の一文字が…。就活の広告で、下に小さく「お金のために、だけではない」とある。話の脈絡はないが(酔っているのでスミマセン)、初代・桂春団治は女房の小春に「酒や!酒や!酒もってこい!」と怒鳴ったそうな。記者は「銭や!銭や!銭もってこい!」と、怒鳴りたい心境だ。

 今年の一文字が「銭」では情けないのテンコ盛り。脱線しそうな思考経路を修正し、電車をグルグル回しながら考えた(目が回っているので仕方ない)。その結論…

◎「変」
○「輪」
▲「痛」
△「歩」
 
 以上の4点予想にした。当たるかなあ?
(和泉次郎)

| 編集部内輪話 | 03:22 PM | comments (0) | trackback (0) |
異形の人
  「異形」という言葉には、さまざまな意味合いが内包されている。「尋常でない」「奇怪な」という意味の中には、あきらかに『差別』という匂いが醸されているし、遠ざけたい存在であることも示唆されている。
 
 久しぶりに訪れた神戸の町で、その「異形」の人をみかけた。人通りの多い歩道橋のたもとにうずくまっていたその人は、最初ゴミの山に見えた。頭をコンビニ弁当の容器をつなぎ合わせた頭巾のようなもので覆い、肘や腕にはビニール袋や、ポリ容器のふたをプロテクターのようにつなぎとめている。背中は「101匹ワンちゃん」でおなじみになったダルメシアン犬模様のマント?をはおっている。まさに怪人!



 小春日和の明るい陽射しの中、阪神淡路大震災から奇跡の復活を遂げた神戸の繁華街のまんなかを、食料をもとめて徘徊している「異形」の人。どんな理由があるか知る由もないが、存在そのものがすでに現代を超越していた。わずかな隙間から見え隠れする、その人の肌は意外にも血色がよく、張りもあって若い人なのだと推測できた。

 しばらくすると「六甲おろし」の寒風が町を席巻する。「異形」の人の越冬は厳しいものになるだろう。
(和泉次郎)


| 編集部内輪話 | 02:54 PM | comments (0) | trackback (0) |
お米のゆくえ
NEWアイコン

 ある朝、職場にかかってきた1本の電話は、「消費者情報」読者のK子さんからだった。
 10月号掲載のビッグイシューの連絡先を知らせてほしいという。用件を尋ねると、「新潟から送られてきたお米が、食べきれないほどある。ついては、ホームレスの方に食べてもらいたい」とのことだった。ビッグイシューはボランティア団体ではない旨を説明した上で、釜ケ崎で“炊き出し”をされている団体の方が、ふさわしいでしょう、と答えた。
 四方、手を尽くしてたどりついた先は「勝ちとる会」という、やはり釜ケ崎でボランティア活動をするNさんだった。
 K子さんは、その日の午後「Nさんに連絡がとれて、とても感謝していただきました」という、お礼の電話をかけてきた。まずは、一件落着。
 余剰米を困った人に食べていただく、やさしいこころがある一方、汚染米をさんざん売りさばいてボロ儲けした、卑しいこころもある。さて、日本人のこころ模様は何処へ向かうのか。
(夷三郎)

| 編集部内輪話 | 12:41 PM | comments (0) | trackback (0) |
NEWアイコン

 政治家の先生方が、もし時代劇にでたとすると、どうしても悪代官(失言しました)をイメージしちゃう。ところが岸田大臣は例外ですね。そのキリリとした目元(消費者情報5月号表紙参照)、スラリとした体型。昔なら『東千代ノ介』と渡り合う時代劇スターになったかも。
 消費者庁の初代長官に任命されたあかつきには、悪徳事業者をバッサバッサと退治してもらいたいですね。でも、「うぬも、ワルじゃのう~」といった越後屋タイプが政・官界にはたくさんいるでしょうから、そちらもなんとかしてくださいね。
 「消費者奉行、岸田安芸ノ守さま、おなり~」なんてね。
(夷三郎)


| 編集部内輪話 | 05:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
遠い夏
NEWアイコン

 9月になってしまいました。7日は二十四節気の「白露」、9日は『重陽の節句(別名・菊の節句)』、10日は二百十日。ついでに14日は十五夜の月見。秋なんですねえ。

 ところがドッコイ。滝のような雨は降るわ、地震で揺れるわ、給料は下がるわ、次の締め切りが近づいてくるわ。もう、えらいこっちゃの四重奏。夏の盛りに托鉢の禅僧よろしく取材に歩き回っていたときが、遠いことのように感じられます。《そら、ボケてきただけやで》と、頭の中で声が…。
 
 ともかく年年歳歳、時間の経過が早くなっているようで、あらゆることに”ゆとり”がなくなっている自分と社会を見て、落胆してるこのごろ。お茶(和泉次郎)

 

| 編集部内輪話 | 04:45 PM | comments (0) | trackback (0) |
NEWアイコン

 マルチ商法・ネズミ講退治のカリスマ「堺次夫さん」が、当編集部企画のテーマ講座に講師として来阪された。午後6時15分から8時半まで、マルチのカラクリと被害実態などを、豊富な実例、体験を交えて熱弁をふるった。その圧倒的ともいえるエネルギーに、講座参加者もブラックホールに引き込まれるように話に聞き入ってしまう。
 講座は無事終了、その後の懇親会でも「マルチ商法は商法ではない! 悪質な新興宗教とおなじだ! とことんネズミ退治をしなければだめだ!」と、気勢が上がった。
 堺さんはマルチ商法とネズミ講の根っこは同じだと喝破し、これらネズミを退治するための「猫」を自認している。失礼ながら到底猫とは思えない風貌だが、「同志の猫」を増やす努力をしている。悲惨な被害を出さないために、また同時に加害者にならないために、そして周囲の人間を悲しみの渦に巻き込まないためにも、ネズミ退治の猫を、それこそネズミ算式に増やしたい。その時、堺さんは「大猫王」(Great Cat King)として、猫たちを引っ張ってほしい。(和泉次郎)



| 編集部内輪話 | 04:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
NEWアイコン

新聞のカラー写真に誘われ、「南光ひまわり祭り」(兵庫県)に行ってきた。畑一面、太陽に向かって無心に咲いているひまわりたちは可愛いが、あまりの暑さ(気温37度)でゆっくり観賞するどころではなかった。
今までのひまわりに対するイメージは、ひまわり→夏→夏休み→楽しい……だったのに、ひまわり=猛暑……に変わってしまうほど強烈な暑さだった。
このお祭りは町おこしの一環で、地元の人が観光客のお世話をされていた。長時間暑いところで大変なのに皆親切で、入場料が100円でありながら、ひまわりの苗と種をお土産にいただいた。
ひまわりで癒された(?)翌日、「クレジット・サラ金の被害者をなくそう!」という深刻な研究会に参加した。(よ)


| 編集部内輪話 | 01:57 PM | comments (1) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 前の記事>>